地球温暖化対策の切り札となるか?壁面緑化

屋上緑化より簡単な壁面緑化

家庭や一般企業でできる温暖化対策に壁面緑化があります。ツタなどのつる性の植物を外壁に這わせる方法が一般的です。壁面緑化のメリットは第一に植物が育ちやすい点です。屋上緑化の場合、屋上は輻射熱によって高温になるため植物の育成環境としては過酷なため途中で枯れてしまう事も多いですが、壁面は屋上ほど高温にならないこと、また、壁面に根を張るわけではないので、植物が熱のダメージを受けにくく植物が育ちやすいのです。

屋上よりも壁面の方が面積く効果的

次に、屋上に比べ壁面の方が面積が広いので、緑化できる範囲が大きくなる点があげられます。緑化できる面積が広いと言うことは、それだけ二酸化炭素の吸収率が高まるため、温暖化対策としての効果が高まります。また、植物に覆われる面積が広くなれば、室内の温度もそれだけ上がりにくくなるため、エアコンの温度設定も高めにでき、消費電力の削減に繋がるので一石二鳥です。

屋上緑化の注意点について

植物が育ちやすく緑化面積も広い壁面緑化ですが、注意点もあります。

1つは手入れの問題。植物は窓や玄関など関係なく建物を覆ってしまいます。手入れを怠るととても見栄えが悪くなってしまうため、定期的に刈り込む必要があります。次に蜂などの昆虫が巣を作りやすいということです。まめに点検し、巣を発見したら専門業者を呼んで早目に駆除してもらいましょう。

きちんと手入れさえしていれば、壁面緑化された建物はとても魅力的です。断熱効果も高く経済的でもあるので、興味のある方には是非試して欲しいと思います。

壁面緑化は、自然環境の改善に力を注いでいる企業の間で重視されることがあり、顧客や取引先からのイメージが良いことが特徴です。