機械式時計ビギナーは知っておこう!時計の正しい扱い方・基本編!

機械式時計の適切な保管方法

一生ものと言われる機械式時計ですが、扱いが雑であると故障や精度不良につながるデリケートな性質もあります。まず、湿気のある風通しの悪い場所や温度が高い場所などに保管するのは避け、揺れなどの衝撃がない、湿度が低い常温の場所へ保管しましょう。使用する予定がしばらく無い場合は、購入した時に入っていたBOXや時計専用のコレクションケースなどに入れておくのも良いです。保管する際は、風防ガラスやリューズへ傷が付かないような状態にします。リューズを下向きにする状態を避ければ保管時の向きは自由で構いませんが、文字盤を上向きに置くのが一般的です。

ゼンマイの巻き上げ作業

機械式時計は一日に一度ゼンマイの巻き上げ作業を行うと良いです。精度が長く維持できるほか、ゼンマイにも良い影響を与えます。しかし、日に何度も作業を行うとゼンマイが長持ちしないので気をつけましょう。自動巻き式の場合は、普通に使用している間にゼンマイが巻き上がります。ただし、腕の振りが少ない生活や機械式時計を置いた状態が長い場合は、起床時に時計が停止している場合もあるでしょう。自動巻き式のアイテムでも時計が停止していれば、リューズを使い、ゼンマイを手動で巻き上げた方が良いです。時計を振り回してゼンマイを巻き上げる必要はありません。機械式時計は激しい衝撃に弱いため、丁寧に扱いましょう。

大切なら毎日使って長持ちさせよう!

機械式時計を大切にするあまり、長期間動かさずに保管する人もいる様ですが、寿命や精度には逆効果です。日々使用すると、かえって良い影響を与え長持ちすると言えます。3か月程度放置すると、ケース内部の潤滑油が固まってしまう場合もあるので、その際は時計店へメンテナンスを依頼しましょう。

パテックフィリップは、スイスの高級時計メーカーです。ノーチラス号の舷窓のようなフォルムが特徴的です。