屋上緑化で夏を涼しく快適に節約する方法!

夏は電気代がかかってしまう・・・

もうすぐ夏ですね!夏といえば部屋を涼しくするため冷房など消費電力が高くなりがちですよね。

今回は夏を涼しく、消費電力も抑えられ環境にも優しい屋上緑化についてご紹介します!

屋上緑化をやるメリットとは?

屋上緑化は屋根に植物を植えることで屋根から伝わる熱を断熱し防音性、保水性を向上させ景観を良くする効果があります。植物の蒸散作用を利用して周囲の気温低下に繋がり、ヒートアイランド現象の対策になります。反対に冬は熱を逃がしにくく保温効果があり、暖かく過ごせます。

植物による光合成で二酸化炭素が減ります。酸素が増え、空気の清浄化も期待できます。

身近な場所に緑が増え目の保養になり、ストレスを緩和できるリラックス効果があります。ちょっとした家庭菜園を作ることでガーデニングやDRYを楽しめますね!

さらに地域によっては屋上緑化に助成金制度という補助金が出る地域がありますので一度調べてみてはいかかでしょうか。

環境に優しく消費電力の削減!

屋上緑化で直射日光を防ぎ、部屋全体が涼しくなる効果があるため、冷房を使用する機会が減ります。夏を過ごしやすく、消費電力を必要最低限に抑えられるため電力に頼らず、環境やお財布にも優しいですね!

打ち水や緑のカーテンも併用して利用することで更なる節約を期待できます。

コケやセダム、芝生など栽培の簡単な植物を植えて、誰でもお手軽に屋上緑化にチャレンジ出来ます。

これから来る夏に向けて涼しく消費電力を節約するため、屋上緑化の準備をご検討してみてはいかがでしょうか。

屋上緑化は都市部の限られた空間を緑化することで緑地面積を確保するだけでなく、土による断熱効果により空調にかかる電力を抑制し、省エネにも効果を発揮します。